セミナー SEMINAR

調剤薬局経営者を取り巻く様々な問題について、薬局の現場を知り尽くした講師陣が解決へと導きます!

第4回

[第1部]薬局経営者が会社を守るために(労使トラブル)
[第2部]大切な会社を残す方法(相続・事業承継)
(講師:團 弘志様(株式会社LAW務総研 代表取締役))

貴社でもこのようなトラブルやお悩みはございませんか?

・退職した従業員から、弁護士を通じて未払残業代の請求が届いた。
・従業員の退職時に退職金の支払いでトラブルに……。
・会社を子供に継がせたいが、兄弟の間で揉めないか。
・自身は長男に継がせたいが、妻は次男に継がせたいと意見が分かれる。

度重なる労働環境に関するルールの変更、やらなければならないと分かっていても実行に移せない事業承継対策などを最新のトピックスからご紹介します。
実務に詳しい専門家によるセミナーで、「わかりやすい」「実践できる」「役に立つ」がモットーです。多くの企業経営者が、こんな時代だからこそ取り組んでいる事例を中心に、上手な役員・従業員退職金の活用法や経営円滑化法施行による自社株評価、事業承継対策、意外と気付いていない身近な問題に対する目からウロコの対策法、最近話題のトピックス、資金対策の手法をご紹介します。

休憩(30分)

[第3部]女性のヘルスケアの視点で考えるこれからの調剤薬局
(講師:松原 爽様(NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会 大阪支部 ブランチマネジャー))

日本における婦人科疾患を抱え働く女性の年間の経済的損出は6.37兆円と試算されており、その約8割は生産性低下によるものです。
今や、さまざまな場面で女性の活躍はなくてはならないものですが、女性は男性とは違い、女性特有の健康課題を抱えています。例えば女性はキャリア形成期には「キャリア」と「妊娠・出産」というライフイベントの選択を迫られたり、パフォーマンスに大きく影響する「月経に関連するトラブル」に苦しんだり、さらに更年期には「更年期障害に代表されるような大きなカラダの変化」に悩まされたりしています。
なお、このような健康課題は個人の問題とされることが多く、適切な対応が取れないまま生産性の低下を招くだけでなく離職につながるといった事態も招いています。
しかし、このような、女性の健康にまつわる課題の多くは現代医療でマネジメントできることも分かってきています。
調剤薬局で働く女性のパフォーマンスの維持向上だけでなく、地域の人々の健康管理にも取り組むことができる調剤薬局にとって、多くの女性が抱える健康課題に対応できるということは大きな強みとなります。
今回は現代女性の健康に関する実態と経営に役立つ具体的な対策についてご紹介いたします。

[第4部]講師・経営者交流会

対象 調剤薬局経営者様
各会場 先着15名様限定!
受講料 5,000円(セミナー受講費+軽食+飲み物)
・参加費は当日会場受付で現金にてお支払いください。貴社宛の領収書をお渡しいたします。
※領収書の宛名変更をご希望される場合は、その旨事前にご連絡ください。
講師 團 弘志様(株式会社LAW務総研 代表取締役)
松原 爽様(NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会 大阪支部 ブランチマネジャー)
開催日程・場所
【大阪】

2019/6/12(水)15:30~20:30(受付開始15:15)
15:30~17:45:第1部、第2部
18:00~20:30:第3部

ジローズジュニア
(大阪市北区曽根崎新地1-1-41 JR北新地駅より徒歩5分)

第1部・第2部のお申し込みはこちら 第3部のお申し込みはこちら すべてのお申し込みはこちら
【東京】

2019/6/19(水)15:00~21:00(受付開始14:45)
15:00~17:30:第1部、第2部
18:00~20:30:第3部

東京GINZA Lounge ZERO(銀座 ラウンジ ゼロ)
(東京都中央区銀座7-5-4 毛利ビル7階 地下鉄銀座駅B6出口徒歩5分/JR有楽町駅・新橋駅徒歩7分)

第1部・第2部のお申し込みはこちら 第3部のお申し込みはこちら すべてのお申し込みはこちら

講師紹介

團 弘志

團 弘志(だん ひろし)

株式会社LAW務総研 代表取締役
1958年兵庫県生まれ。同志社大学商学部卒。大手食品メーカーに入社、セールス部門で社長賞を受賞。外資系生命保険会社を経て、1996年金融機関出身者と共に(株)リベロの設立に参画。中小企業における労使トラブル・事業承継・相続等の必須課題をテーマにした「企業防衛対策セミナー」は、多くの経営者より絶大な支持を得る。
2016年株式会社LAW務総研代表取締役に就任後は、社内に新事業部「産業医センター」を設置し、昨今、社会問題化している「労使トラブル」・「長時間労働」等を防止し、「メンタルヘルス対策」を行い、従業員の「健康の保持増進」・「心の健康確保」を維持可能な「職場の衛生管理体制」の確立を目指す企業の支援に取り組む。

松原 爽

松原 爽(まつばら さやか)

NPO法人 女性の健康とメノポーズ協会 大阪支部 ブランチマネジャー
一般社団法人 日本女性医学学会認定 女性ヘルスケア専門薬剤師
1993年、日本ワイスエーザイ(現ファイザー)に入社後、開発担当を経て女性ホルモン製剤のマーケティング担当となり、世界に遅れること40年、低用量経口避妊薬(ピル)の日本への導入を担当。
2004年、日本シエーリング(現バイエル薬品)に転職し、更年期障害や閉経後骨粗しょう症領域の治療薬など女性のQOL向上に必要な医薬品の新発売をプロダクトマネジャーとして担当。
その後も、多くの女性ホルモン製剤のプロモーションを通して、女性特有の疾患の啓発や女性ホルモン製剤に対する正しい知識の普及に務めてきた。
2018年よりNPO法人女性の健康とメノポーズ協会大阪支部を立ち上げ「女性の生涯を通した健康づくりとワークライフバランスの実現」に向けた活動を行っている。

次回以降のご案内

日程等決定次第、ファーネットビズサイトにてご予約を承ります。