アドバイザーコラム ADVISER

新型コロナウィルスによる影響

コロナウィルス感染症による被害を受けられた皆様および関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

各クリニック、調剤薬局におかれましても、
コロナウィルスによる影響は多大なものになっていると伺っております。

進行していたM&A案件もストップすることも多くございましたが、
緊急事態宣言の解除後には少しずつ市場も動いてきているように感じます。

とはいえ、元々M&Aによる譲渡を検討されておられました経営者様の多くが、
評価額に影響してくるのではないかと懸念されておられる印象です。

買手企業側も規模を問わず売上減少しておりますし、
投資に割ける資金が減少していることは確かです。
しかし、コロナウィルスの終息は現状先行きが見えないのも事実です。

「終息を待ってから動こう」と判断することもひとつですが、
その間に下がってしまった売上が戻るかどうかは、不確定でもあります。

日を追うごとに状況が悪くなり、手遅れになってしまうことは避けたいことからも、
少しでも譲渡をお考えであれば、早く動き出し、選択肢を広げて頂くことをお勧め致します。

全国各地どこでも対応させて頂きますので、
買手の状況や自社の価値が気になる経営者様はぜひ一度、弊社にご相談いただければ幸いです。

コラム一覧へ戻る