アドバイザーコラム ADVISER

医療機関に対する追加支援対策決定について

昨年末、第三次補正予算案の閣議決定により、
「医療機関・薬局等の感染拡大防止等の支援」が追加支援対策として盛り込まれることになりました。

これは二次補正予算時に補助を受けた医療機関も補助の対象となっているので、
調剤薬局として一度70万円の支援金を受けった店舗も、追加支援金として20万円を受け取ることが可能です。

尚、対象経費は、令和2年12月15日から令和3年3月31日までにかかる感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する費用
(従前から勤務している者および通常の医療の提供を行う者に係る人件費は除く)となっており、
施設内等での感染拡大を防ぎながら地域で求められる医療を提供するための診療体制確保等に要する費用について、
幅広く対象となります。

緊急事態宣言が1都3県に限らず、関西や中部・九州地方と発動され、医療現場のひっ迫が度を増しています。
薬局経営者様からも日々の対応に追われ、終わりの見えないコロナ禍に辟易とされているお声も数多く伺います。

そのなかでも、上記のような支援等を上手くご活用頂きつつ、薬局経営やM&A等でお困りごとがございましたら、
小さなことでもユニヴ迄ご相談頂けましたら幸いでございます。

感染予防対策を万全にし、直接お会いする事が困難な状況の時は、テレビ電話やWEBツール等で
皆様のお役に立てるよう努めます。

コラム一覧へ戻る